本文へスキップ

平成26年1月から記帳義務等(帳簿と記録保存)が生じます

TEL. 042-756-4104

〒252-0239 神奈川県相模原市中央区中央3-11-5

トップページ >> 白色申告の記帳義務化

白色申告者に記帳が義務化されています

すべての事業者に対し、記帳義務が生じております

  • 平成26年1月からすべての事業者(白色申告者を含む)に一定の記帳及び記録保存の義務が課されています。
  • 現在、記帳指導機関として60年の実績のある青色申告会としての期待が高まっています。
  • 記帳が必要になる方には、ぜひ青色申告会をご利用ください。


平成26年1月からの記帳・帳簿等保存制度

  • 記帳・記録保存の義務化
    旧制度では記帳・帳簿等の保存義務のない白色申告者(前々年あるいは前年分の事業所得等の合計額が300万円以下の方)にも、平成26年1月以降は記帳および帳簿等の保存義務が課されています。
  • 記帳・記録保存の対象となる方
    事業所得(農業を含む)、不動産所得または山林所得を生ずべき事業を行う方(所得税の申告の必要のない方を含む)は、記帳・記録等の保存制度の対象となります。
  • 保存する帳簿等
    収入金額や必要経費を記載した帳簿書類のほか、取引に伴って作成した帳簿や受け取った請求書・領収書などの書類を保存する必要があります。
  • 青色申告のおすすめ
    我が国の申告納税制度の中核をなしているのが青色申告制度です。正確な記帳に基づき所得を申告する青色申告者は、青色申告特別控除や青色事業専従者給与をはじめ、税制上さまざまな特典を受けることができます。
    帳簿の記載方法は、簡易な方法で記帳することも認められていますので、記帳に自信のない方でも青色申告にしてみてはいかがでしょうか?

戻る

バナースペース

一般社団法人相模原青色申告会

〒252-0239
神奈川県相模原市中央区中央3-11-5

TEL 042-756-4104
FAX 042-753-5836